家族で寝られる畳ベッド【ダブル】。収納と機能でおすすめ畳ベッド厳選4品。

家族 ベッド

畳に寝転がるとなんだか安心しますよね。日本人はやっぱり畳が好きなんですかね。「い草」でできた畳の香りは日本人の心を和ませてくれます。そんな家族向けにおすすめの収納付き畳ベッド(ダブル)が【花梨】、【翠緑】すいりょ、【涼香】 リョウカ、【月花】ツキハナです。

【花梨】は小上がり、【翠緑】はチェスト、【涼香】はガス圧式跳ね上げ収納、【月花】は【跳ね上げ+棚付き】とそれぞれ機能と特徴があります。今回はご家族に人気が高い収納と機能を持ったおすすめの畳ベッドをご紹介します。

畳ベッド【花梨】ダブル

畳ベッド 花梨 karin

モダンデザイン畳収納ベッド【花梨】Karin

詳細はこちら

畳ベッド【花梨】の特徴はヘッドレスタイプなので「小上がり」ができる畳ベッドとして人気があります。寝室だけでなくリビングのフローリングをちょっとした和の空間にすることができます。

小上がりがあることで、ごろ寝や読書、子供たちの遊び場になることも想像できますね。家族でも楽しめる和の空間を小上がりで作れるのが良いですね。

畳ベッドでつくる小上がり和室でコスト削減。リビングに合うおススメの畳ベッド

機能としては2杯の収納がついているのでシーツや洋服などかさばる物をすっきり収納できるのでベッド下のスペースを有効することができます。

【花梨】は空気が通りやすい、すのこ仕様になっているので畳ベッドにありがちなカビが発生するのを防ぎます。色はダークブラウンとナチュラルから選べるのでお部屋にあった好みでどうぞ。組立も簡単なのが【花梨】が選ばれる人気の理由にもあります。

畳ベットのカビ対策!畳ベッドを購入する前に知っておきたいカビのこと。

畳ベッド 【翠緑】すいりょ

畳ベッド 翠緑 すいりょ

シンプルモダン畳チェストベッド【翠緑】すいりょ 【国産畳】

詳細はこちら

【翠緑】の特徴はなんといっても収納力です!!長物収納、浅型収納、深型収納の3つの構造に分かれていて畳の下は全て収納スペースになっています。今まで収納できなかった荷物をこの1台で全て収納できてしまいます。

長物収納には旅行カバンやカーペット、シーズンオフの洋服など、浅型収納は4杯もあるので整理しながら衣類やバスタオルが収納できます。深型収納にはアルバムやカバンなどかさばる荷物でもすっぽり入る大きさです。

チェスト仕様の畳ベッド【翠緑】なら、お部屋をすっきりさせることができますね。

ガス圧式跳ね上げ畳ベッド 涼香 リョウカ

 

ガス圧式跳ね上げ畳ベッド 涼香 リョウカ

ガス圧式跳ね上げ畳ベッド 涼香 リョウカ

詳細はこちら

【涼香】はベッドの床が持ち上がる開閉式の跳ね上げタイプの畳ベッドです。引き出しタイプと違い縦に開閉するのでベッドの置き場所の自由度があがります。ベッドの配置は右左右どちらでも大丈夫ということです。

収納スペースには仕切がないので布団やゴルフバックなど大きなものを収納することができます。収納の深さは2種類ありラージタイプは床面高40㎝、グランドタイプは床面高47㎝ありウオークインクローゼット並みの収納力を持っています。

跳ね上げベッドは開け閉めが大変そうに感じますが実際には女性でも軽く開けることができるようになっています。軽く持ち上げられる理由は車のバックドアにも使われているガスの力を利用して持ち上がるように設計されているからです。

マットレスや布団を乗せたままでも日常的に開け閉めが簡単なので収納に困ることもありませんね。

畳ベッドを選ぶなら引き出しと跳ね上げ式はどちらが便利?

照明・棚付きガス圧式跳ね上げ収納畳ベッド【月花】ツキハナ

照明・棚付きガス圧式跳ね上げ収納畳ベッド【月花】ツキハナ

照明・棚付きガス圧式跳ね上げ収納畳ベッド【月花】ツキハナ

詳細はこちら

【月花】は照明と棚が付いた跳ね上げ式の畳ベッドです。棚がついているのでメガネやスマホなどちょっとした小物を置けるのでとっても便利。コンセントが付きなのも嬉しいですね。

照明はフットライトの代わりになるので,こちらも便利。家族で寝るなら2台並べても良いんじゃないでしょうか。

畳ベッド 月花

まとめ

家族で寝られる畳ベッドはいかがだったでしょうか。ご紹介した畳ベッドはすべて日本製です。細やかな部分までのこだわりは、日本人ならでは。頑丈な作りにもこだわって、ベテランの職人さんが丁寧に作っています。

 

KAGU STYLEはお洒落なベッドをはじめとしたインテリア家具専門のお店です。ブログでご紹介したベッド・家具はKAGU STYLE通販ショップでご購入することができます。                                                                                                                                  KAGU STYLEはこちら