記事内に広告を含みます

親子3人が快適に寝られるベッドサイズは?ダブルベッド、クイーンベッドどっちがおすすめ?

寝室で寝る家族

夫婦であれば、セミダブルかダブルサイズのベッドで十分ですが、子供が1人でも増えれば、セミダブルやダブルだと、狭くてゆっくり寝ることもできません。しかし、これ以上のベッドサイズを選んでしまうと、部屋が狭くなります・・・。

今回は3人家族が快適に寝られるベッドサイズについてご紹介していきます。

親子3人にはクイーンサイズ以上のベッドがおすすめ

親子3人で寝るには、クイーンサイズ以上のベッドや連結ベッドを選ぶことがおすすめです。

家族構成の変化に合わせた組合せ例

ベッドサイズ 家族 親子

ダブルベッドでも3人で寝ることは可能ですが、幅が約140cmのため、子どもが成長するにつれて窮屈になっていきます。クイーンサイズなら幅160cmでダブルベッドに比べ20cm広くなるため、大人2人と小さな子ども1人が余裕を持って眠れます。

さらに、キングサイズならさらにゆったりと過ごせます。子どもの成長に合わせて広めのベッドサイズを選ぶと失敗が少なくなるでしょう。

ダブルベッドを家族3人で使う場合

もしも、子供が4歳から5歳くらいになるまで川の字で寝ることを想定した場合、ベッドはダブルサイズで十分です。

例えば、子供が赤ちゃんのうちは、夜泣きをしますから夫婦で挟んで眠ることにより、奥様も安心して眠ることができますし、何よりも、お父さんとお母さんに囲まれて、子供も愛を受け止めつつ、成長することができます。

「三つ子の魂百まで」と言われるほど、幼少期の子供は、親と過ごすことが大切。
それに、何よりも赤ちゃんの体は小さいですから、ベッドサイズを広げる必要はありません。夫婦にとって寝心地のよいベッドサイズを選べば良いのです。

親子3人で使えるベッドの種類と特徴

ファミリーベッド

① ファミリーベッド

  • 広々としたスペース:親子3人がゆったり寝られるサイズ
  • 一体型デザイン: 連結可能なタイプが多く、市場に多様なオプションある
  • 安心感: 小さな子供が転落しにくい設計が主流

② ロフトベッド

  • スペース効率:上部にベッド、下部に自由な空間を利用可
  • 下部の活用: プレイエリアや学習スペースとしても利用可
  • デザインバリエーション: 多様なデザインと機能を選べる

② 二段ベッド+トランドル

  • トリプルベッドとして活用できる
  • スペース節約: 日中はトランドルをしまい、広い空間を確保
  • 柔軟に使用できる: 子供の成長や家族構成の変化に応じた使い勝手が良い

十分に開放感のあるベッドを置いて、家族が余裕をもって眠れる。そんな空間作りを心がけたいですね。。

親子3人で使うベッドを選ぶ際のポイント

⚫︎子供の年齢と成長を考慮する

子供の年齢や成長スピードに合ったベッドを選ぶことが大切です。安全な高さやガードレール付きのベッドは小さな子供に最適。調整可能なベッドや拡張型ファミリーベッドは成長に対応できます。

⚫︎サイズとスペース

ベッドのサイズは部屋のスペースに合わせて選びましょう。クイーンサイズやファミリーベッドは広い睡眠スペースを提供しますが、狭い部屋にはロフトベッドや二段ベッド+トランドルが省スペースで便利です。

⚫︎耐久性と安全性

耐久性と安全性は重要です。堅牢な構造と高品質な素材を選びましょう。特に子供用には安全ガードや丸みのあるデザインが必須。製品レビューも参考に、しっかりと確認することが必要です。

⚫︎デザインと素材

デザインと素材選びも忘れずに。シンプルで飽きの来ないデザインは長く使えます。ナチュラルな木材や低刺激性素材を選ぶと、快適な寝環境が整います。メンテナンスのしやすさも考慮しましょう。

年齢別:最適な親子3人用ベッドの選び方

 • 乳幼児期(0-3歳)

乳幼児期には、安全が最優先です。低床タイプのファミリーベッドやガードレール付きのベッドが最適。親子で一緒に寝ることで、安心感を提供し、夜間の授乳やお世話がしやすくなります。 

• 幼児期(4-6歳)

幼児期は、やや独立し始める時期。ファミリーベッドや親子ベッドが適しており、将来的に分割して使えるタイプが便利です。安全ガードはまだ必要なので、落ちない設計のベッドを選びましょう。

 • 学童期(7-12歳)

学童期にはプライベート空間が大切。二段ベッド+トランドルやロフトベッドが効果的です。ロフトベッドなら、下に学習デスクを配置してスペースを有効活用できます。これにより自立心も育ちます。

 • 思春期(13歳以上)

思春期には、プライベートスペースと快適さが必須です。それぞれの独立したベッドが理想的ですが、部屋のスペースに応じて、大型のファミリーベッドを選ぶことも可能です。成長を考慮した耐久性のあるベッドを選択しましょう。

ダブルベッドを使用している場合の対策

ダブルベッドをそのまま使う方法

親子3人でダブルベッドで寝るには工夫が必要です。横向きに寝る、子どもを真ん中にする、布団を併用するなどの対策があります。これにより、落下の心配がなく、ベッドの方は大人で広々と使えるようになります。

シングルベッドをプラスする

シングルベッドを追加する方法もあり、赤ちゃんが大きくなった後はシングルベッドを使用することができます。これらの対策により、3人で寝るためのベッドの問題を解消することができます。

おすすめの親子3人用ベッド商品紹介

キングベッドのおすすめ商品

商品名: ネルコンシェルジュ バノン すのこベッド キング
特徴: シンプルなデザイン、軽くて丈夫、組み立てが簡単

クイーンベッドのおすすめ商品

商品名: Inofia マットレス クイーン
特徴: ポケットコイル構造で理想な寝姿勢、耐久性あり&圧縮梱包、肌触り良い生地

商品名: Zinus Arnav モダンスタジオ 10インチプラットフォーム
特徴: きしみにくく丈夫、組み立てが簡単

ダブルベッドのおすすめ商品

商品名: RASIK ベッド ダブル
特徴: ベッド上の空間が広く圧迫感を感じにくい、安定感がある

シングルベッド(2つを組み合わせる)のおすすめ商品

商品名: ZINUS メタル ベッドフレーム シングル
特徴: 抜群の安定性と耐久性、防音性、組み立てが簡単

ZINUS メタル ベッドフレーム シングル

ファミリーベッド(カスタマイズ可)のおすすめ商品

商品名: RASIK ベッド ワイドキング200(シングル+シングル) ボンネルコイルマットレス付き
特徴: 開放感を生み出すローベッド、歪みにくく安定感のあるすのこベッド

親子3人用ベッドの安全対策とメンテナンス

親子3人用ベッドの安全対策として、ガードレールや角の丸いデザイン、安定感のある構造を重視しましょう。定期的なボルトの締め直しやクリーニングが大切です。また、耐久性を保つために、マットレスのローテーションやフレームの状況を定期的にチェックしてください。これにより、長期間安全に快適に使用できます。

家族3人が寝られるベッドサイズまとめ

家族3人が寝られるベッドサイズをご紹介してきました。

夫婦+赤ちゃんの3人家族の場合はダブルベッド、夫婦+男の子の3人家族の場合の理想はクイーンサイズがおすすめです。

よくある質問(FAQ)

親子3人でベッドで寝るにはどのようなベッドサイズが適切ですか?

ベッド 3人で寝るには、クイーンサイズ以上のベッドサイズがおすすめです。特に、子どもが成長することを考慮すると、シングルベッド3台を連結したり、2段ベッドを使用することも有効です。

3人用の親子ベッドを選ぶ際に気を付けるポイントは何ですか?

親子で使う3人用ベッドを選ぶ際には、以下のポイントに気を付けると良いでしょう。

安全性:子どもの転落防止用ガードや耐荷重を確認する

耐久性:素材が丈夫で、長期間使用できる

スペースの有効活用:設置する部屋のスペースに合わせたデザイン、収納がある