単身赴任者が選ぶ、お引越しにも重宝なベッドは!?

引っ越し ベッド

サラリーマンの場合、突然転勤の辞令が下りることがあります。

転勤は、本人だけでなく、その家族にとっても生活パターンが変わるので家族皆にとっては、一大イベントとなるでしょう。

引っ越しの準備をするとき、自宅にベッドはあるけれど、送れるかな?と考えるはずです。

今まで使用していたベッドを送ろうとすると、運搬費が高く買い直すほうが安上がりだったりしますし、単身赴任の転勤先でベッドがすぐ使えないと仕事に支障をきたすだけでなく、体調にもよくありません。

また、単身赴任になって最初に用意しておかなければいけない事前に送るものを3点あげるとすると寝具一式、カーテン、トイレットペーパーと、言われているくらいベッドは必要不可欠のものとなります。

布団のみではなくベッド対応する人がほとんどですが、では、どんなベッドがいいのか、運搬しやすいベッドにはどのようなものがあるのか、見ていきたいと思います。

単身赴任者がベッドを選ぶメリット

もちろん、転勤を承知でその会社に入ったとしても、いざ単身赴任ということになると職場だけでなく生活圏内の様子や、自分の活動内容含めてすっかり環境も変わってしまいます。

私生活そのものが全く違った状況になるわけですから精神的影響はかなり大きなものとなるでしょう。

そんなときベッドがあれば、布団を敷いたり上げたりせず、帰宅したらすぐベッドへ直行!そんなことができるわけです。
メリット
  • 布団の上げ下ろしがいらない
  • 布団を入れるためのスペースが不要
  • 睡眠の質が高まる

布団の上げ下ろしがいらない

布団の上げ下ろしは、結構面倒で万年床のように床に直接敷きっぱなしという状態になるのは不衛生です。

毎日、朝晩の布団の上げ下ろしでぎっくり腰になった人も・・・

また、少しでも部屋に戻ってからしなければいけない作業は、減らしたいものです。

布団を入れるためのスペースが不要

転勤先によっては、布団を入れておくスペースの確保も、難しいかもしれません。

せっかくあった収納スペースも布団のみで埋まってしまうのは避けたいものです。

最近の住居は、洋式化したタイプが多く、和室の押し入れのようなタイプが少なくなってきているので、住居が決まったのに布団が入らない、ということはよくあるようです。

睡眠の質が高まる

また、敷き布団よりマットレスによって睡眠の質が高まるのは、睡眠科学でも証明されています。

ベッドのメリットは、疲労を取り除く効果が高く、身体をリフレッシュすることに長けているという点です。

単身赴任者がベッドを選ぶデメリット

引っ越しの際にキズがつく可能性がありますし、また運搬費用もかかってしまいます。

赴任先の住居によっては、ベッドが入らない場合がある、などがあげられるでしょう。

デメリット
  • 引っ越しの際にキズが付く可能性がある
  • 運搬費用が掛かる
  • ベッドが入らない場合がある

引っ越しの際にキズが付く可能性がある

これは、安価なよくわからない業者に依頼をした場合起こる可能性もあります。

ですが、しっかりした有名な業者は、それらの対策をして運搬しているようなので、その辺は問題ないかもしれません。

運搬費用が掛かる

ベッドは布団と違い、運搬のための費用が1台あたりいくらというように発生してしまいます。

頭を悩ましそうな点かもしれません。

しかし、単身赴任の場合は、会社が引越しの費用を支払ってくれるはずですから、何ら問題はないでしょう。

ベッドが入らない場合がある

このデメリットは、ベッドが大きい場合に発生します。

クイーンベッドやキングベッドは大型タイプなので、単身赴任者の引っ越しには不向きと言えるかもしれませんね。

キングべッドは連結タイプなので分解すれば運搬可能ですが、クイーンベッドは、ほとんどが一体型のため転居先のエレベーターや、部屋の入り口の高さまで考慮する必要がでてきます。

運搬しやすいベッド、引っ越ししやすいベッド

なんと言ってもベッドは重たかったりスペースをとったり、運搬しやすいベッドや引っ越ししやすいベッドがいいけれど・・・と考えてしまいますね。

運搬は自分でしようとするとキズをつけたり汚したりは日常茶判事です。

多分単身赴任のサラリーマンにとって、ぜいたくなスペースの確保は難しく、ワンルーム住人になる可能性が高いでしょう。

圧迫感のないスッキリしたベッドをおススメします。。
オススメ(^^♪
  • 折り畳みベッド
  • ソファーベッド
  • 脚付きマットレスベッド

折り畳みベッド

ソファーベッド
脚付きマットレスベッド

ベッドの引っ越しアレコレ

ダブルベッドのお引越しは、クレーン車が必要な場合もあるのをご存知ですか?

そういった場合はベッドのお引越しだけで数万円かかってしまうこともあります。

簡単に分解できるシングルサイズのものであれば、2000円から高くても10,000円以内で済むようです。

ベッドのタイプによっては、引越し業者に依頼しないと組み立てが大変なものもあったりするので、そういった細かいことまで考慮してベッドを選ぶ必要があります。

ですから、引越しを頻繁に行う人は、そこがとても重要なポイントになるのではないでしょうか?

もし、折りたためるシンプルなものや、コンパクトにまとまるものであれば運搬しやすいものとなります。

部屋の中のベッドの存在

これから単身赴任生活をすることになったサラリーマンは、現地で一人暮らしになるわけですが、いったい帰宅後は何の楽しみがあるでしょうか?

自宅に帰っても誰もいない環境で、唯一の楽しみは、お気に入りのベッドでくつろぐ時間かもしれません。

なかには、帰宅後、ベッドの上からほぼ移動しないで過ごすという、つわものも存在します。

部屋の中でのベッドの存在は、思いがけず大きなものとなるでしょう。

さらには、ベッドがそこにあることでほっとするリラックスできる空間が生まれます。

単身赴任のサラリーマンにおススメのベッドは?

単身赴任のサラリーマンなどが、一人暮らしでベッドを選ぶときは、どのようなものがよいでしょう?

いくつか、最適と思われるベッドをご紹介していきます。

耐久性と癒し効果でリラックス

 

すのこベッド Pierna-ピエルナ

【Pierna-ピエルナ-】 ナチュラル

詳細はこちら

こちらは、【Pierna-ピエルナ-】の「総檜脚付きすのこベッド(シングル) 」で、「国産ひのき」を使用しています。

価格も手頃なだけではありません。

すのこには、湿気、カビ、結露対策があるだけでなく、防臭効果や空気の循環をよくする効果もありますが、布団と床の間に隙間を作ることで掃除もしやすく風通しのよい場所が出来上がります。

ひのきは、木材の中でも強度な強さで知られていますが、そのいい香りは森林浴でもしているかのようでリラックス効果は抜群でしょう。

ひのきの特徴としては、湿気吸収効果、抗菌抗カビ効果、防虫、消臭効果があるだけでなく耐久性にすぐれていることが挙げられます。

ベッドは3段階の高さ調節ができます。

ライフスタイルにこだわる単身赴任者ならこちら

フロアベッド SKY line スカイ・ライン

フロアベッド SKY line スカイ・ライン

詳細はこちら

こちらは、ベッドは部屋の一部であり、生活を豊かにするもの、もっと美しくインテリアとして使用したい、と考えるライフスタイルにこだわりのある人におススメのベッドです。

圧迫感がなく、シャープなラインは確かにとてもかっこいいです。

こちらのフロアベッド シングル【スタンダードボンネルコイルマットレス付き】SKY lineの商品は、自分自身もレベルアップしたいし、部屋のインテリアにも手を抜かない、そんなライフスタイルを望む単身赴任者にピッタリな一品です。

ロータイプのシャープなデザインは開放的空間を演出すると共に、どこまでも深いブラックの色が際立つ洗練されたイメージ造りに貢献しています。

奥行は14センチあり、携帯の充電やライトの使用に便利な1口コンセント付き。

マットレスは5種類から選ぶことができます。

最先端のデザイン、布団派もマットレス派も

フロアベッド Tschues

ローベッド【Tschues】チュース

詳細はこちら

棚・コンセント付きモダンデザインローベッド【Tschues】チュース は、美しい木目長のウォルナット調の表面材を使用しています。

あなたが、布団派でもマットレス派でもこのベッドは最先端のデザイン性でオシャレな空間へあなたを誘うでしょう。

棚は携帯やゲーム機の充電だけではなく読書灯の設置にも役立つつくりになっていて、コンセントのごちゃ付き解消が可能です。

ベッドサイドのスマートな棚は、目覚まし時計やお好きな小物、読書本に活用でき、おしゃれな時間の演出をしてくれます。

マットレスは6種類から選ぶことができます。

まとめ

ここまで、単身赴任者には、どんなベッドがおススメなのかを、見てみました。

一人暮らしのベッドは、機能的で圧迫感のないもの、運搬しやすいベッドであることが重要なのがわかりました。

ここでご紹介しているベッドやマットレスを参考に単身赴任の皆さまも引っ越ししやすいベッドを選んでみてくださいね。

KAGU STYLEはお洒落なベッドをはじめとしたインテリア家具専門のお店です。ブログでご紹介したベッド・家具はKAGU STYLE通販ショップでご購入することができます。                                                                                                                  すのこベッド一覧はこちら