ベビーベッド

赤ちゃん

赤ちゃんにベビーベッドは必要?赤ちゃんの寝場所と使用期間

一昔前は、出産が近づいてくると、ベビーベッドを家具屋さんに買いに行ったものです。

赤ちゃんの体に合わせたベビーベッドを選ぶことで、万が一、親が目を離した隙に激しく動いたり、立ち上がったりしても床へ落ちてしまう事故から防ぐためです。

一方で、子供はとてつもないスピードで成長します。

最近まで髪の毛が生えていなかったと思ったら、いつの間にかふさふさの黒髪が生え、昨日までハイハイしていたと思ったら、突然、立ち上がる・・・。

子供も3歳から4歳になれば、もはやベビーベッドに寝かしつける年齢ではありません。

そんな短い期間のためにベビーベッドを購入する必要はあるのでしょうか?

ベビーベッドを購入する必要性、試用期間、ベッドタイプまで、赤ちゃん用ベッドについて考えてみましょう。

冒頭で、ベビーベッドは、赤ちゃんがベッドから落下する事故を防ぐためと書きましたが、実は、それだけではありません。

意外と知られていませんが、ベビーベッドって、少し高い位置に寝かせるような構造になっています。それはなぜでしょうか?

実は、通気性の悪いベッドは、体から発散した汗が、なかなか乾かずに雑菌やダニが発生しやすい状態になっています。高床式のベビーベッドにすることで、ベッドを乾燥した状態に保つことができ、赤ちゃんを清潔で安全な状態で寝かしつけることができるのです。

もちろん、添い寝により、赤ちゃんを圧迫から守ったり、部屋で飼っているペットが赤ちゃんを傷つけてしまう事故の防止にも役立ちます。

ベビーベッドは、赤ちゃんをさまざま角度から守るために役立つ道具といってもよいでしょう。

しかし、3年程度の短い期間のために、本当にベビーベッドだけが賢い選択なのでしょうか?

実は、一生に子供をたくさん出産するような一昔前のライフスタイルであれば、最初の子供ができた時にベビーベッドを購入することに意味がありました。

代々、兄弟に受け継いでいけばよいからです。

しかし、1人や2人の赤ちゃんのためにベビーベッドを購入することは、コストパフォーマンスが悪い買い物といえるでしょう

ファミリーベッドという選択肢

では、コストパフォーマンスの高いベッドとは、どのようなベッドでしょうか?

その答えは、ファミリーベッドです。
ファミリーベッドとは、家族全員で眠れるベッドの総称です。

特に家族の人数によって、大きさを変えられる連結式のローベッドをファミリーベッドとして使うとよいでしょう。

ローベッドといえば、一般的には床に直接敷く布団とベッドの中間的な存在と認識されがちですが、ベビーベッドの代わりにローベッドを使うメリットは確実にあります。

まず、ローベッドは、高さが低いため、万が一、赤ちゃんが落下しても、大きな事故に発展するリスクを軽減することができます。

さらに、家族で川の字になって眠る伝統的な家族の姿を今の時代に復活させることができます。家族の愛や絆を子供に育み、結束を強くする・・・そんな力を兼ね備えたベッドタイプなのです。

さらに、家族が増えた場合は、同じ高さのローベッドを購入すれば、ベッドを横に広げることができますから、将来、子供が何人できるか分からない・・・そんな夫婦であっても安心して購入できますね。

もちろん、赤ちゃんの添い寝で問題になる「圧迫」のリスクは拭えません。

しかし、ベッドインベッドを購入することで、安価に安全なベッドに変えることができますし、子供が成長したらベッドインベッドを外して、一緒に眠るだけ。

子供の成長に合わせてカスタマイズできるのもローベッドの良さなのです。

もはや、ベビーベッドを購入する必要性はありません。

通気性のよいローベッドがベストな選択

最後に残るのがローベッドの安全性の問題です。

ベビーベッドは高床式で通気性がよく、汗がベッドにしみこむことで発生するダニや雑菌から赤ちゃんを守りますが、ローベッドは床に直置きなので、通気性は決してよくありません。

そこで、通気性とローベッドのよさの両方を兼ね備えた連結式ローベッド「Flacco」をおすすめします。

連結ベッド Flacco

『Flacco』フラッコ

Flaccoは、ローベッドとしては珍しい、すのこ式を採用しており、ベッド下にスペースを設けることで通気性のよさを実現しています。

また、安価なベッドでありながら、長く使える耐久性の良さも人気の秘密。

ベッドは長年使いこむことで、フレームにゆがみが生じてしまうものですが、Flaccoは、ゆがみ防止ワイヤーで固定してあるので、ゆがみにくく長く使えるベッドになっています。

さらに、フレーム内部にきしみを防止するEVAパッドを使っているので、夜中にギシギシと音がしてしまい、赤ちゃんが泣き出してしまうことも防げます。

もちろん、家族が増えたら2台目を購入し、広く使えるところもメリットです。

ちょっとした選び方のコツではありますが、家族を末永く見守ってくれる家具となるのです。

Flaccoの詳細はこちら

PICKU ITEM

記事が気に入ったら
KAGU STYLEを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

KAGU STYLE | 家具スタイル

ピックアップ記事

  1. コンセント付き収納ベッド Ever エヴァー
  2. 棚・コンセント付き収納ベッド VEGA ヴェガ
  3. フロアベッド W.coRe ダブルコア
  4. フロアベッド SKY line スカイ・ライン
  5. フロアベッド Geluk ヘルック

関連記事

  1. ショート丈ベッド
  2. 夫婦 ベッド
  3. セミダブル ベッド
  4. 一人暮らしワンルームの女性向けベッド
  5. 寝室で寝る家族
  6. 学生が選ぶベッドは収納付きとローベッドのどっち

RECOMMEND

  1. 子供部屋 ベッド
  2. ベビーベッド
  3. 赤ちゃん添い寝
  4. 学生が選ぶベッドは収納付きとローベッドのどっち
  5. ベッドの選び方

PICKUP ITEM

  1. fiume フィウーメ
  2. すのこベッド Jack Timber ジャック・ティンバー
  3. すのこベッド カミーユ
  4. ローベッド Breeze ブリーズ
  5. コンセント付き収納ベッド Ever エヴァー
  6. 収納ベッド Lacomita ラコミタ
  7. 棚・コンセント付き収納ベッド General ジェネラル
  8. 収納ベッド VEGA ヴェガ
  9. フロアベッド BASTOL バストル
  10. フロアベッド W.coRe ダブルコア

支払方法について

支払い方法パーツ
PAGE TOP