コンテンツ

水銀条例で変わる照明の未来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
水銀条例

水銀条例とは

2013年10月10日、水銀による汚染防止を目指した「水銀に関する水俣条約」(以下、水銀条約)が、国連環境計画(UNEP)の外交会議で採択・署名されました。この条約により、水銀を使った製品の製造や輸出入が2020年に原則禁止されることになります。

水銀条例の規制内容

水銀添加製品(電池、スイッチ、照明器具、計測機器[体温計、血圧計を含む]、歯科用アマルガムなど)が規制対象となります。この中で、ランプに関する規制は、一般照明用の蛍光ランプ(コンパクト形蛍光ランプを含む。ただし、水銀封入量が規制値[5~10mg]以下のものは対象外)や高圧水銀ランプなどが対象となります。

 

規制されるのは2020年以降の製造、輸入、輸出の禁止。販売や使用することは禁止とならない。

全面禁止の対象は高圧水銀ランプ。メタルハライドランプ、高圧ナトリウム特殊用途ランプ(紫外線ランプなど)は規制の対象外。

蛍光灯は水銀封入量を規制。(5~10mg)

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>