Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/chips.jp-kouji-eansin/web/kouji-eansin.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/chips.jp-kouji-eansin/web/kouji-eansin.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/chips.jp-kouji-eansin/web/kouji-eansin.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/chips.jp-kouji-eansin/web/kouji-eansin.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
電気代値上がりの背景
コンテンツ

電気代値上がりの背景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電気代値上げ

2011年3月11日の東日本大震災で起こった福島第一原発の事故後、全国的に電気代は値上がりを続けています。電気代の上昇はこの原発停止とどのように関わっているのでしょうか?

電気代が値上がりする原因とは?

最も大きな要因は火力発電の燃料費の増加だ。東日本大震災以降、原子力発電の停止が続き12年に東京電力が先陣を切る形で値上げに踏み切り、その後各地の電力会社が値上げを実施した。

日本の電力会社は原子力で発電を行う比重がきわめて大きかった為、原子力発電の稼働がゼロとなったことに加え円安で燃料費が過去最大に膨らみ経営状況を圧迫した。

円安の影響でも値上がりしている

電気代の値上げ原因は原子力発電の停止だけではない。値上げになってしまう、もう一つの要因は円安による燃料単価の上昇によるものがある。

関西電力の規制部門の電気料金テーブルを見てみよう。

関西電力 値上げ

出典:関西電力

関西電力の規制部門の値上げ率は18.92%最も高い値上げ率となっている。(下記参照。)

電力会社別の値上がりランキング

【規制部門】

電力値上げ率ランキング(規制部門)

規制部門でもっとも値上がり率が大きかったのは関西電力の18.92%。北海道電力は2年連続の値上げとなった。北陸電力、中国電力、沖縄電力の3社は震災以降の値上げ実施には至っていない。

 

【自由化部門】

電力値上げ率ランキング(自由化部門)

 

自由化部門の値上げモデルケース

・契約種別: 業務用電力

・契約電力: 150kwh

・月間使用電力量:33,000kwh

  改定前 改定後 値上げ率
月額料金 約64万円 約73万円 約9万円

13.4%

 

年額料金 約773万円 約876万円 約103万円
単価/kwh 19.51円 22.12円 2.61円

改定後には年間の電気代が100万円以上も値上げりしてしまうため自由化部門では契約電力の大きい需要家にとっては大きなダメージとなってしまう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*


Warning /home/users/1/chips.jp-kouji-eansin/web/kouji-eansin.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php 2895