Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/chips.jp-kouji-eansin/web/kouji-eansin.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/chips.jp-kouji-eansin/web/kouji-eansin.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/chips.jp-kouji-eansin/web/kouji-eansin.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/chips.jp-kouji-eansin/web/kouji-eansin.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
オフィスビル省エネ化の課題とは|某ビル共有部分LED化工事
LED導入事例

オフィスビル省エネ化の課題とは|某ビル共有部分LED化工事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オフィスビルLED工事

オフィスビルにおけるビルオーナーとテナントの関係

オフィスビルの省エネ化については様々な課題がある。それは専用部分の電気代はテナントが支払をしてる点にある。ビルオーナーからみると専用部のLED化は電気代の削減を享受できない。とはいってもテナント側からしても契約期間2年後に移転をする可能性もあるため、長期で使用できるLEDを購入しても無題になってしまう可能性もある。

仮にテナント側の負担でLED化をしたとしても移転の時には原状回復工事をすると費用負担が増えてしまう。このようにオフィスビルではビルオーナーとテナントの双方でミスマッチな課題があるためLED化の普及が遅れているのが現実だ。

ではどのような方法でオフィスビルの専用部分をLED化したら良いか。専用部分をLED化するためのスキームを作らなければオフィスビルのLED化は進展しない。ここではそのスキームについては触れないが別の投稿でそのスキームを紹介する。

ここで紹介するLED導入事例は某ビルの共有部分であるロビーやフロント、エントランスだ。共有部分の電気代はビルオーナー側の負担になるためビルオーナー自らがLED化をしなければならない。

では共有ビルのLED化の削減効果をみていこう。

某ビルの共有部分のLED化工事

施工箇所:共有部分はロビー、エントランス、老化。

初期投資費用:1300万円

省エネ率:66%

年間削減消費電力量:231,400kwh

年間削減電気料金:約680万円

投資回収期間:1.6年

某ビル共有部分LED化工事①

某ビル共有部分LED化工事②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*


Warning /home/users/1/chips.jp-kouji-eansin/web/kouji-eansin.com/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php 2895